下町の風俗では回覧板がまわってくるよ。体験談聞いていく?

人妻風俗店の秘密

人妻風俗店と謳っている店に、本当の人妻が居るのかと半信半疑になっている人は多いでしょう。私の経験上、在籍している娘に本物の人妻は少ないというリサーチ結果があります。旦那に隠れながら風俗店に勤めるのは、リスクを伴いますからね。店側の宣伝文句にしたいと考えるのが、正しいですよ。私が某ヘルスで指名した娘は、19歳の未婚でした。しかも、芸能事務所に所属するグラビアタレントで、クラスで3番目くらいに可愛いという感じです。高級ソープランドに居たそうですが、通っている大学から遠いとの理由でここの店に移ってきました。指名した日は他愛のない話をしながらプレイの準備をしましたが、しきりに彼女の電話が鳴り一抹の不安を覚えます。しかし、いざ絡みに入るとそれまでの不安がなくなり、脳裏に焼きつく時間となりました。献身的で愛の籠もったプレイに感激した部分もありましたが、芸能事務所に所属する女の子と過ごせたのが、私にとっては代え難い思い出です。

風俗店に遠征する趣味

私は、ゴールデンウィークや夏休み期間中に遠隔地に赴いて、そこの18~199歳くらいの風俗嬢と一夜のお供をするのが趣味です。風俗嬢は年をとった熟女より、二十歳直前の娘を理想としているのが持論です。言ってしまえば、未成年ソープ嬢愛好家といった具合になるでしょうか。まだ、汚れのない純朴な感じが興味をそそるのですよ。単体AV女優のSちゃんも、東日本の某工業高等専門学校に通っている時にデビューしました。高専なら、4年生以上で風営法を満たす年齢になりますから、問題ないです。最近も、慣習になっている未成年風俗嬢との時間を過ごしてきましたが、指名した女の子のアグレッシブさには、心が惹かれるばかりでした。「もっと激しくして。」、「アソコが濡れてきた」などの言葉には、私の下半身も反応せずにはいられませんでした。如何にも性に疎そうな女の子が、異常に乱れている姿を見るだけで、冷静ではいられません。もちろん、ボーダーラインを守って行っていますから、摘発はされませんよ。

20代前半の風俗回想

私は、風俗狂いと称されるくらい関連の店で風俗体験をしましま。東北地方の某県に住んでいた時は、まだ20代前半でデリヘル嬢を呼んでいました。この県は風営法に寛容であり、結構性的サービスについては自由度の高い場所です。ただ、店舗型の風俗店が皆無で、デリヘルしか選択余地がないのが難点です。あるデリヘル店で極上の娘を依頼したところ、少し年上のお姉さんタイプの嬢が来ました。当時の私からしたら目を合わせるだけで、いってしまいそうでした。シャワーで全身を洗ってもらってから、ベッドでいきなりディープキスをして全身リップを長めにしてもらいました。時折、下半身が反応しているかチェックして、焦らしながら言葉責めをされました。軽く手コキをしてから、舌の滑らかな動きで舐めるフェラチオは非常に気持ちよかったです。玉舐めや裏 スジも、同様の感想を持ちました。私から本能のままに胸を揉んだり首を舐めたりしたら、妖艶な声を出して喜んでいました。

風俗歴20年が語るここだけの話

風俗店に通い続けて20年の自称風俗戦士が、貴重な体験を告白をします。私の場合は、その日の気分によって女の子を使い分ける玄人戦法を用いています。おっぱいをひたすらもみ続けるならば、巨乳の可愛いの女の子を指名して、抱き付いて甘えん坊になりたいならば、クール系で美肌のお姉さん系を指名します。それぞれのタイプで数人ずつ目星をつけている娘がいますので、ローテーションでの指名が可能です。昔はパネマジ(写真と実物が異なる)が酷くて、落胆する時も多かったですが、最近はむしろ外れる確率がないというくらい嬢のレベルが上がっています。AV女優を見ていても、芸能人と顔の可愛さが変わらないと思うのがしばしばです。綺麗で上質な娘が増えるのはいいのですが、風俗店は素人らしさが逆に燃えるという醍醐味があり、ベテラン勢の私からすると現実味がなくなっていると感じます。特に、出稼ぎで遠方から来ているという娘が多くなった印象があります。地元だと、素姓がばれて働きにくくなるデメリットがあります。